天井灯の配線方法

必要な安全対策を講じ、天井照明器具の指示に従うと、天井照明の配線が比較的簡単になります。さまざまなバリエーションがありますが、通常、シーリングライトは取り付けや交換が簡単です。

天井ライトを購入して交換するときは、すべての指示を読んで、すべてのものをフックする前にすべてのパーツが箱に入っていることを確認することが重要です。この準備作業は、部品が不足している場合や、何かを破棄した場合に、安全性と時間とお金を保証します。これにより、ほとんどの標準的な天井照明の配線から配線が変化するかどうかを知ることができます。

ステップ1 – 天井照明の手順を読む

天井灯を配線する前に、照明器具の電源を切っておくことを確認することが非常に重要です。サーキットブレーカで正しいライトをオフにして、誰かに手伝ってもらうようにしてください。もう一度チェックしたい場合は、白と黒の線で電気テスターを使って電気が流れていないことを確認してください。この手順を踏まないと、重大なショックを受ける可能性があります。

ステップ2 – 安全上の注意

天井からの既存の配線に焦点を当てて始めます。黒と白のワイヤの両方に1/2インチのワイヤが表示されていることを確認します。ワイヤーストリッパーを使ってこれを行うことができます。通常、天井灯では、白線または中性線、黒線、およびアース線を接続します。ワイヤーナットでワイヤーを接続できるようにするには、照明器具自体に1/2インチのワイヤーを取り除く必要があります。

ステップ3 – ワイヤをトリムする

ほとんどの天井灯には、色分けされたワイヤがあります。天井灯の白い線は取り付けブラケットから出てくる白い線に取り付けられ、黒い線は黒い線に接続されます。アース線は緑色または銅線のいずれかで、対応するワイヤまたはマウンティングブラケットの緑色のネジに取り付けます。天井照明器具に接続されている銅線アース線を除いて、見える銅線には絶対に触れないでください。

ステップ4 – ワイヤを取り付ける

天井照明を設置して接続したら、天井に照明器具を接続する必要があります。ソケットに電球を置くことを忘れないでください。また、照明器具の断熱材を取り外さないようにしてください。これは電球の熱から配線を保護するためです。これが起こったら、サーキットブレーカの電源を入れて、新しい照明器具をテストすることができます。問題がある場合は、配線を解明する前に、回路ブレーカの電源を切ってください。変更を加える前に、電源が完全にオフになっていることを確認してください。

ステップ5 – あなたの什器を接続する