衣服スチーマーの使い方

衣服スチーマーは、衣類にしわがないようにするための恩恵になることがあります。背中を壊す作業やアイロンかけをすべて省き、衣服の各アイテムはハングアップする準備ができています。物事を正しい方法で行う限り、衣服スチーマーは使いやすいです。それをうまくやって、あなたの服はあなたがそれらを置くとき完璧に見えるでしょう。

衣服スチーマーは手持ち式の装置である。水はタンクに入れられ、蒸気になるまで加熱されます。蒸気は、ノズルを通って衣服に向けられた圧力に向けられる。熱は衣服のしわを取り除く衣類のすべての繊維を弛緩させる。

ステップ1 – どのように動作するのですか

冷たい水を衣服スチーマーの水タンクに入れてください。すべての部品が正しく接続されていることを確認してください。デバイスをオンにして、スチームが発生するまで衣服スチーマーを加熱します。

ステップ2 – 準備

ハンガーにシャツを着る。あなたはそれの下に襟といくつかのボタンをボタンをクリックする必要があります。できるだけ簡単に生活を送れるようにするには、シャツをシャツに掛けて、シャワーカーテンレールが理想的です。

ステップ3 – シャツ

シャツの底から蒸して、上に動かす。材料に蒸気を流し、襟の部分に特に注意してください。あなたが終わったら、シャツをクローゼットに入れる前に一分待ってください。これにより、湿気が出てきます。

ステップ4 – ドレスとスカート

ドレスとスカートはさまざまな種類の生地で作ることができ、異なる印刷物を使用することができますので、特別な注意が必要です。素材そのものがシルクやベルベットなど繊細な場合は、衣服スチーマーのノズルが材料に直接触れることがないようにしてください。

ステップ5 – 重い材料

衣類に刺繍やスクリーン印刷が施されている場合は、衣服を内側に置き、代わりにその衣服を掃除してください。そうすれば、プリントや刺繍に損傷を与える危険はなく、しわはまだ消えてしまいます。あなたが終わったら、湿気が衰えるために服を一分与えると、右の側を回して、クローゼットにぶら下がってください。

ステップ6 – 水位

ステップ7 – その他の用途

あなたがより重い材料を蒸しているところでは、すべてのしわが出る前に数回の蒸散が必要であることが分かります。これに代わる方法として、衣類の内側と外側に衣服スチーマーを使用することもできます。

各衣服の後にタンク内の水位を確認してください。この方法では、水が少なくなる危険はありません。水がなくなると、衣服スチーマーに損傷を与える可能性があります。一方、タンクに水を入れすぎると、水蒸気ではなく水が出ます。

衣服のスチーマーは驚くほど多用途です。ドレープ、室内装飾、かつらにも使用できます。多くの人々は、旅行に行くときに旅行サイズの衣服の蒸気を詰める。