ドレメルを使ってガラスを切る方法

Dremelは、木材、プラスチック、金属などのガラスや他のタイプの材料を切断するために使用できる動力工具、特に回転工具のブランドです。 Dremelツールのリストには、スクロールソー、ホットグルーガン、電動スクリュードライバーが含まれています。このツールでガラスを切断するときは、通常のガラスだけでなく、ガラス繊維やプレキシガラスを切断することに留意してください。

Dremelの回転ツールでは、10,000RPMから35000RPMまでの非常に高速で作業できるため、迅速かつ効率的な切断作業を行っていることを常に忘れないでください。彼らは高品質のカットを生成しますが、細かい結果の鍵は安定した手です。素材をカットするときにツールを着実に保持すると、満足のいく結果が得られます。

ステップ1 – 多目的カッティングビットを挿入する

ガラスの切断に必要な多目的ビットを挿入する前に、Dremelのプラグを抜いてください。レンチでコレットを締めることを忘れないでください。作業が終わったら、再度プラグインして作業を開始できます。

ステップ2 – 切断前のガラスにマーキングする

あなたがそれをカットしたい点にガラスをマークする;マークはあなたを助けるガイドラインとして役立ちます。ストレートカットの場合、ストレートエッジをガイドとして使用し、ガラスが動かないようにガラスに固定することをお勧めします。一方、ガラスを自由に切断したい場合は、カットガイドラインを使用しないでください。

ステップ3 – ジョブの開始と終了

Dremelを6から8の間のパワーにして、ガラスを切断し始める。ドレメルの刃にガラスをより多くさらすためには、約45度の角度で始めることが推奨されます。あなたが必要に応じてまたは必要に応じてカットを終了するまで続けてください。切断作業が完了したら、回転ツールから多目的ビットを取り除くことができます。

Dremelを使用している場合は、そのようなツールに精通していても、必ず製造元の指示と推奨事項をお読みください。すべての互換ビットは特定の目的のためにマーキングすることができ、多くのものをカットできる多目的ビットがあるにもかかわらず、どの素材をカットする必要があるかを気にする必要があります。また回転ツールは、細長い細長い円錐形のビットを使用してガラスをコーナーで形作り、小さな細部を刻むことができます。

あなたが正常に仕事を完了した後、粉砕または研磨Dremelビットで側面を洗練し、平滑化します。材料の硬度や柔らかさに応じてDremelを使用する必要があるため、材料をよく知っています。硬質材料には研削ビットを使用し、軟質材料には研磨ビットを使用することをお勧めします。