ブレーキ比例弁を設置する

ブレーキプロポーショニングバルブは、スラミングダウン時にフロントブレーキにかかる圧力の一部を緩和するのに役立ちますので、車には重要です。このバルブは、適切かつ安全な制動システムに不可欠であるリアブレーキの前にロックアップするのに役立ちます。あなたの車のブレーキ比例弁がインストールされる必要があることが判明した場合、それはあなた自身で達成するのはかなり簡単な作業です。バルブをフロントラインに配置し、圧力をダイヤルダウンする必要があります。これが興味のあるものであれば、この仕事を始めるために必要ないくつかのツールと、簡単に手順を追って導くためのいくつかのステップがあります。

あなたが働く場所の周辺のすべてのフィッティングと部品をクリーニングして始めてください。すべてがクリーンであることが重要ですが、このステップは、そのエリアで何が起こっているのかをよく知ることができるため、より重要です。マニュアルをチェックし、それを見て、何が起こっているかを確認してください。

ステップ1 – クリーン

マニュアルを参照し、ブレーキラインを見つけてください。ブレーキラインはマスタシリンダから来ており、内側に配置されているブレーキラインはフロントライン用です。

ステップ2 – ブレーキラインを探す

今度は、ブレーキ比例弁をライン上にスライドさせることができます。多くの場合、ABSまたはアンチロックブレーキシステムコントロールユニットの隣に設置することが最善です。ブレーキラインは、マスタシリンダを通ってABS制御ユニットの方に出る必要があります。ブレーキラインの一部を切断してバルブをオンにし、その後にパイプシールを使用して再度シールする必要がありますバルブをその上に配置した。

ステップ3 – スライドバルブ

最も重要な部分の1つは、バルブがラインに対して擦れないようにすることです。これは、ブレーキが外れた場合に、迅速かつ深刻な摩耗および裂傷を引き起こし、最終的には自動車またはその運転者に損害を与える可能性があります。あなたの時間をそこに置き、それが自由であることを確認してください。

ステップ4 – ブリードブレーキ

あたかも何か問題があるような気がする場合は、あなたがやっていることをやめ、専門家に連絡してください。これは間違いなくあなた自身で行うことができますが、他の問題が発生する可能性があり、より多くの経験を持つ方がよりよく対処します。

この作業を終えたら、ブレーキを逃がすことが非常に重要です。その後、実際の道に乗る前に、近くの場所でブレーキをテストして、すべてが適切に機能していることを確認します。