バックアップ発電機の使い方

バックアップ発電機は、電力問題に対する最良の解決策であり、グリッドから独立した電力を供給することができます。停電や電気の問題から保護を購入したら、次のステップはバックアップ発電機の使い方を学ぶことです。ポータブルジェネレータを入手することは理想的です。輸送するのが簡単になります。

発電機を使用してそれを使用することは、2つの異なることです。発電機の使用について知っておくべき重要なことがいくつかあります。選択された発電機は、それが処理されると予想される電力を処理できるものでなければなりません。ジェネレータを実行するテストは、すべてが適切に行われ、必要なときに必要なバックアップを提供できるようにするために重要です。

ステップ1 – 燃料を充填する

最初のステップは、燃料を充填することです。燃料がふたのまわりに満ちていないことが重要です。あなたの燃料タンクの上に空のままにしておきます。燃料が漏れないように、発電機を常に立ててください。

ステップ2安全性に関する考慮事項

小型ミスが致命的な事故につながる可能性があるため、発電機を使用している間は、安全に関する考慮事項を厳密に守らなければなりません。子供やペットは機械から遠ざけて、家から出ないようにしてください。

ステップ3 – 電気コードを接続する

発電機からの排気は中毒の危険につながる可能性があるため、排気口を家の外に向けて配置することが重要です。これは、軽く取られてはならない重要な安全要件の1つです。家から最低10フィートの距離を厳密に観察すること。

ステップ4 – ジェネレータをオンにする

絶縁装置がない場合は、発電機を家庭の電気システムに直接接続しないでください。これは、すべてのタイプの発電機(固定式および携帯式)に当てはまります。この装置は、グリッドから家を隔離するように設計されており、認可された電気技師がそれをインストールする必要があります。バックアップ発電機が絶縁されていない場合、家庭の電気システムに感電や火災の危険があります。ジェネレータを使用する最も安全かつ簡単な方法は、機器とライトをジェネレータユニットに直接接続することです。

電気的仕様は、対処しなければならないバックアップ発電機の使用に関するさらに別の領域である。電気事故は危険であり、修理を超える損傷を引き起こす可能性があるため、電気ケーブルと接続部はいかなる状況下でも傷ついてはならない。一般家庭の電線は発電機に使用しないでください。発電機には、頑丈な外部延長コードのみを使用してください。

コードの一方の端を発電機に接続し、もう一方の端をプロジェクタに取り付けられた専用のアイソレータに接続する必要があります。配線は使用前に十分に確認してください。家をグリッドに接続してはいけません。最良の選択肢は、発電機に設けられたコンセントに照明器具を差し込むことです。

電源を入れ直してスタートコードを引いて発電機を始動させてください。

最後に、必要なときにバックアップを提供できると確信できるように、マシンを1つずつテストしてください。定期的なメンテナンスを行い、必要なすべてのパワーを提供するこの不思議なマシンが定期的にチェックされるようにしてください。

座って、心配することなく、あなた自身を楽しんでください。今や電気はもはやあなたの計画にスピルポートを果たしません。