屋根裏断熱バッフルの設置

屋根裏部屋にバッフルを置くことは、屋根裏部屋の断熱材を設置する際の重要なステップです。ラフター通気口と呼ばれることもありますが、バッフルは換気を提供し、屋根裏部屋の通気を妨げないよう断熱材を保ちます。あなたの断熱を助け、あなたの家を腐敗から守ることに差異の世界を作り出すのはかなり簡単なプロセスです。

あなたの屋根裏部屋の状況を評価してください。除去される古い断熱材はありますか?すべての垂木が露出していますか、または乾いた壁がありますか?断熱材を使用する場合は、保護具(ゴーグル、手袋、防塵マスク、カバーオール)を着用して、皮膚や目への刺激を防ぐことが重要です。あなたの屋根の垂木が乾式壁または合板で覆われている場合は、それを取り除いてバッフルを取り付ける必要があります。

ステップ1 – 土地を取得する

屋根裏部屋の端から既存の断熱材を引き離してください。バッフルを置いてください。あなたは、垂木の間のスペースごとにバッフルが必要です。天井の梁が屋根の垂木と出会う場所の底から、ベイにぴったり合っています。ステープル銃を使用して端をステープル留めし、ステープル銃が正しく確実に揃っていることを確認します。垂木や湾から突き出ているかもしれない屋根の釘を注意してください。

ステップ2 – イン・ザ・ベイ

すべてのバッフルを取り付けたら、既存の断熱材を元の場所に押し戻すか、新しい断熱材を置きます。バッフルが垂木の湾に当たらないようにしてください。

ステップ3 – ベント付きの家は幸せな家庭e

屋根裏部屋は、冬にはあなたの家を暖かく保ち、夏には冷たくするために断熱する必要があります。しかし、換気のない断熱材を使用すると、湿気や湿気が家の頂部に蓄積し、カビから腐敗まであらゆる種類の問題を引き起こします。そのため、バッフルを毎年点検し、破損したバッフルを交換して交換してください。