シートサンダーの使い方

シートサンダーは、通常、ヤシサンダーとしてよりよく知られている。彼らは、通常の軌道またはベルトサンダーよりも小さく、よりコンパクトであり、制御の容易さのために手のひらにきれいに収まります。シートサンダーは、モータを使用して前後運動で振動する。パッドは、ブランドやモデルによっては、小さな正方形または長方形の形状です。彼らはまた、通常のサイズのサンダーが作ることができる小さなスペースに入るために便利です。

あなたが始める前に、一緒にあなたのビットを取得し、必要なすべてがそこにあることを確認する必要があります。新品のシートサンダーを購入して初めて使用する場合は、箱と梱包から取り出してください。モーターに固定され、取り外せない長いコードが付いているはずです。あなたのサンダーには他に特別なコンポーネントはありませんが、(まれに)箱に付いているサンディングシートが付いてくる場合があります。

ステップ1 – セットアップ

シートサンダーの利点は、正確なフィッティングシートを必要とするベルトサンダーとは異なり、シートを通常のサンドペーパーの部分的な部分から切断できることです。シートサンダーの両側では、パッドのすぐ上のどこかで、身体から持ち上げて上方に離れる2つのスプリングクリップに気付くはずです。サンドペーパーを取り付ける最善の方法は、パッドを上向きにして、ハンドルを持ち、膝の間に締め付けることです。スプリングクリップを開き、はさみを使用して、スプリングクリップの下に曲がって下に達するのに十分な大きさのサンドペーパーをカットして、クランプすることができます。

ステップ2 – サンドペーパーをはめ込む

シートサンダーの動作は前後動作であるため、始める前にこれを調整する必要があります。あなたの木の表面を砂の準備ができている。このサーフェスは、ドア、ベースボード、テーブルトップ、または他の平らな木製のサーフェスなど、何でもかまいません。サーフェスに触れる前にシートサンダーをオンに切り替えます。それをすぐに前後に動かす。表面に触れるとすぐに、表面を平らに保ちながら前方へ移動させてください。あまりにも多くの圧力をかけないでください。手にしっかりと固定してください。

ステップ3 – シートサンダーを使用する

モーターのグリップを離すと、逃げてしまいますので、しっかりと握ってください。シートサンダーがオンになっている間は常にしっかりと把持し、木製の表面をまっすぐ前後に動かしてガイドします。最初は木目を残しておきますが、砂目立てプロセスの間に細かい仕上げをするために穀物を横切ることができます。終了するために穀物を残しておいてください。

ステップ4 – 暴走モータ