コンクリート屋根の防水方法

コンクリート屋根はしばしば企業で平らな屋根として見られますが、コンクリート屋根板は家庭用として普及しています。コンクリート屋根は、他の材料で作られた屋根と同じように要素の影響を受けやすい。コンクリート屋根は他の材料よりもはるかに長い寿命を与えます。コンクリートの屋根を防水することで、この寿命をさらに延ばすことができます。以下の記事では、コンクリート屋根を適切に防水する方法を説明します。

コンクリート屋根を防水するには、まず清潔な表面から始める必要があります。プッシュほうきとダストパンを使用して、屋根から汚れや破片を取り除きます。できるだけ多くの破片を取り除き、これを正しく行うために時間をかけてください。

ステップ1 – 屋根をきれいにする

コンクリートは他の屋根材と同様に亀裂を生じ、漏れを生じることがあります。しかし、コンクリート屋根は修理して保護するのが簡単です。最初に、コンクリート屋根に亀裂、割れ目、または穴がないかどうかを調べる必要があります。これらの地域は、水がコンクリートをさらに侵食するための主要な場所です。

ステップ2 – 軽度の修理を実施する

シリコーンコーキングとコーキングガンを使用して、すべての亀裂と穴を埋めます。パテナイフを使用してシリコンを滑らかにし、ひび割れや穴にさらに押し込みます。不完全性が完全にシールされていると確信するまで、このプロセスを繰り返します。防水処理を行う前にシリコンを乾燥させてください。

ステップ3 – コンクリート屋根をプライミングする

プライミングは防水処理に役立ちます。最初に、コンクリートの縫い目を覆うためにシームテープを使用してください。シームテープ全体をシームテープで覆い、はさみでカットします。縫い目が中央に配置されていることを確認します。縫い目を歩いてさらに押し下げてください。次に屋根にコンクリートの下塗りを塗ります。一方の端から始め、コーナーにペイントしてから、ペイントブラシを使ってコーナーを完成させます。プライマーコートが乾燥するのを待って、2番目のコートを追加するかどうかを決定します。

ステップ4 – コンクリート屋根の防水

水蒸気バリアを塗料噴霧器に注ぎ、コンクリート屋根に均等に塗ってください。可能な限り均等に防水材を塗布してください。最後に配置したスプレーと重複します。

2番目のコートを追加する前に蒸気バリアを乾燥させます。あなたの最終的なコートが乾いた後、あなたはそれをペイントまたはプライムすることができます。