コンセントを直列に配線する方法

コンセントを直列に配線することはあまり難しくありません。たとえば、すべてのスイッチを単一のスイッチで動作させたい場合は、それらをまとめて配線するのがよい方法です。あなたは電気を使っていくことにある程度の基本的な自信を持っている必要がありますが、これは本質的に初心者の仕事です。ツールはあなたが既に家にいるかもしれないものです。それ以外に必要なのは電線です。

電気を使用する前に、電源がオフになっていることを確認してください。アウトレットをカバーする回路ブレーカーを見つけ、それを「オフ」にします。アウトレットのマルチメーターを使って、そこに電流があるかどうかを調べることができます。

ステップ1 – 準備

ホット、ニュートラル、アース線を最初のコンセントから抜いて箱に入れておきます。今度は、第2コンセントから第1コンセントまでの長さのワイヤを走らせる必要があります。新しい工事でこれは簡単です。スタッドに穴をあけ、ワイヤをアウトレットからアウトレットに通します。

ステップ2 – ワイヤを動かす

古い建築では、これを行うために乾式壁の一部を取り出す以外に選択肢はありません。各箱の側面に小さなノックアウトプレートがあります。これをドライバーでノックアウトしてください。各ボックスに約8インチのワイヤーを入れ、ナイフで切断して終わります。

ステップ3 – タップ

アウトレットを連続して配線するには、タップ(ピグテールまたはコンダクターとも呼ばれます)が必要です。これらは短いワイヤーである。それらのうちの3つをカットします.1つはホット、1つはニュートラル、もう1つはアース線です。彼らは長さが数インチに過ぎない。各ワイヤーの両端の断熱材を1/2インチはがし、脇に置きます。

ステップ4 – ワイヤアウトレット

これで、2番目のコンセントを配線できます。接続箱のワイヤーからシースを4インチ切ります。 3本の線材を分離し、絶縁材の1/2インチを剥がします。ホット(黒)線の端を黄銅端子​​に接続します。中性線の終端(隆起断熱材を使用)を銀端子にねじ込みます。最後に、地面または緑色のワイヤをボックスの金属ネジにねじ込みます。

ステップ5 – ワイヤーシリーズ

最初のコンセントボックスには、実行したばかりの電線の端部の絶縁材の1/2インチを取り除きます。 2番目のコンセントに行く黒線と、1番目のコンセントに入る黒線と、黒いタップを一緒に持ってください。一緒に3つのすべての裸の端をひねりなさい。ワイヤコネクタでそれらを一緒に固定し、電気テープでそれを覆ってください。タップのもう一方の端は自由にしてください。中性線でも同じことを行い、最後に3本の接地線をすべて接続します。

黒い蛇口の緩い端を真鍮のネジに、ニュートラルタップの端をシルバーのネジに、地面の端をボックスの地ネジに接続します。あなたは今、アウトレットを直列に接続しました。