レバー式旋盤コレットの取り付け

レバー式旋盤コレットの取り付けは、指示を理解するのが比較的簡単です。レバー式旋盤は、工具の研磨、木材表面の研磨などを行う回転ブロックを備えた金属製ドローバーからなる機械です。初心者から専門家まで、旋盤機械はボウル、ペン、テーブルなどの作品を制作しています。コレットは、クランプとしても知られているチャックのサブタイプであり、チャックは、回転ツールを保持するために一般的に使用される特殊タイプのクランプです。コレットは、作業している材料の種類や生産しようとする作業の種類に応じて、旋盤機械に取り付けて使用します。

コレットを取り付ける前に、ツールからチャックを取り外す必要があります。利用可能なチャックの種類に応じて、チャックを除去する方法には様々な方法がある。ほとんどのチャックは、チャックの後部とツールのベースとの間にくさびを配置することによって除去される。ハードウェアツールを扱うときは常に注意することが重要です。ウェッジがチャックとベースとの間に配置されると、チャックをツールから取り外すことは比較的容易である。

ステップ1 – チャックの取り外し

レバーに使用されるコレットを検査することが重要です。コレット内の滑らかな表面は、より良いクランプのセットとして提供されます。摩耗したコレットは、通常、稜が盛り上がっているので、コレットが隆起した表面を持つ場合、新しいコレットを見つける必要があります。

ステップ2 – コレットの検査

ドローバーのスピンドルには、コレットを保持する内部キーがあります。キーにコレットを配置します。旋盤に戻ってチェックし、ヘッドストックキャスティングに取り付けられたピンを見つけます。コレットは、ヘッドストック上に置かれたときに、ドローバーの真の平行把持および瞬時センタリングです。コレットがスピンドルに置かれると、より良い結果を得るためにコレットがワークピースに強固に固定されます。

ステップ3 – コレットのインストール

工具内部の主軸台鋳造には、ドローバーを主軸台に接続する取り付けアームがあります。ドローバーをコレットの端に腕の上に置きます。グリップがレバーを機械の上に保持するのに十分な強度であるかどうかを最初に確認します。ドローバーが配置されたので、旋盤は機能する準備が整いました。

ステップ4 – ドローバーをヘッドストックに配置する

コレットは、工作機械が多くのエネルギーを必要とするため、あらゆる工作機械にとって重要です。単純なクランプは、ドローバーや工作機械の他のものに単に固定できません。強力で良質のコレットは、あらゆる機械工具に不思議をもたらす可能性があります。