荒い地下のコンクリートを滑らかにするためのコンクリートグラインダーの使い方

地下室を改装する際に考慮すべき重要な要素の1つは、コンクリートグラインダーの使用です。あなたはしばしば平らにするか平滑にする必要があるコンクリート床で作業するので、具体的な粉砕機でそれを行う方法を知る必要があります。あなたのレパートリーにこの機能を追加するには、コンクリートグラインダーの使い方と、使用する材料とツールを知る必要があります。

グラインダーを使用して地下のコンクリート床の表面を変える準備をする際には、どのような種類のパッドを購入して使用するのかを知る必要があります。大量のコンクリートを取り除き、時間を節約したい場合は、硬いパッドを使用してください。コンクリート表面を研磨する場合は、柔らかいパッドを使用してください。

ステップ1 – 適切な研削パッドの選択

調整可能なレンチを使用して、パッドを回転グラインダプレートに固定しているグラインダのナットを外します。固定ナットを外したボルトの上にパッドの目を合わせます。次に、ナットを再び取り付け、レンチで締めます。頑丈な研削を行い、粉砕機で発生した粉塵を集める場合は、粉砕ホースを掃除機に取り付け、掃除機の電源を入れます。グラインダーでセレクトホイールを見つけ、「研削」モードに設定します。

ステップ2 – グラインダーのセットアップ

コンクリート床を床の片側で研削を開始します。グラインダスイッチを「オン」の位置にして、グラインダモータが最大RPMに達するまで待ちます。粉砕する予定の床に粉砕パッドを置きます。粉砕機がコンクリートを磨耗し始めると、その上にしっかりとグリップをつけます。わずかに下向きの圧力を加え、左右に動かします。そうすることで、より均一な表面が得られ、グラインダーが溝や溝の底を表面に掘ってしまうのを防ぎます。

ステップ3 – 研削モードを使用する

粉砕機を停止し、粉砕機モード選択ホイールを「輸送」モードに設定します。グラインダーを再びオンにして、完成した行の最初の部分にパッドを適用し始めます。グラインダーパッドはまだ地面にありません。完成した表面と約2インチ重なり合うはずです。この行を終えたら、別の行を始めます。床の残りの部分についても同じ手順を使用します。

ステップ4 – トランスポートモードを使用する

床全体を終えたら、ほうきを使って粉砕した粉塵と残渣を掃除してください。床を調べて、高い場所を残さずに床全体を完成させてください。

ステップ5 – 仕上げ