ハンマードリルの使い方

ソリッドサーフェスに穴を開ける必要がある場合、ハンマードリルは、特に数少ない穴を作ろうとするときに、仕事のための最良のツールです。プッシュとプルの動きは、掘削効果と共に、掘削ハンマーがタフな材料を迅速かつ容易に掘削するのに役立つ重要な機能です。

穴の所望の測定に使用するビットのサイズを取得します。大きな穴を開ける場合は、パイロット穴をドリルして、素材の中に曲がらずにビットの精度を維持したい場合があります。

ステップ1 – 正しい測定値を得る

掘削する材料に適したビットを選択します。また、ビットの鋭さを考慮し、より丈夫な先端のためにカーバイドを使用してください。

ステップ2 – 正しいビットを選ぶ

ビットをハンマーに取り付け、アタッチメントのしっかりとした締め具合を確保します。それを締めるためにチャックを使用してください。

ステップ3 – ビットをアタッチする

穴の深さを測定します。ハンマードリルにデプスストッパーが付いている場合は、希望の深さに設定します。ただし、ハンマードリルにその機能がない場合は、マスキングテープを使用してビットを折り返して、ドリルする深さをマークしてください。

ステップ4 – ドリルビットをマークするか、深さを設定する

エクステンションコードの使用を排除するために、プロジェクトに最も安全で最も近いコンセントを探します。ただし、必要な場合は、このタイプの電動工具に太いコードを使用するようにしてください。プラグを差し込んでハンマー設定にします。保護ゴーグル、耳防護具、安全手袋を用意してください。訓練を始める前にそれらを着用してください。

ステップ5 – プラグインする

ビットの先端を好ましい領域に置きます。正しい場所を正確に指していることを確認する必要があります。引き金を引いてから掘削を開始してください。ドリルにあまりにも多くの圧力をかける必要はありません。それはあなたのために仕事をするためです。それが仕事をするように、ドリルに軽い圧力をかけるだけです。

ステップ6 – それを指摘する

ステップ7 – それを吹き飛ばす

時々、穴から岩の塵や屑を吹き飛ばす必要があります。掘削が完了したら、ユニットを逆の設定に切り替えて、穴からビットを引き出すだけです。

非常に厳しい材料を打ったときのように、意図どおりにドリルが機能しないことがあります。これが起こるとき、あなたがする必要があるのは、穴にコンクリートの釘を入れてハンマー打ちを始めることだけです。このテクニックは、あなたがその丈夫な素材を壊すのを助け、ハンマードリルの使用に戻ることができます。