コンクリートグラインダーを使って古い地下室のシーラントを取り除く方法

コンクリートグラインダーを使用して、古い地下室のシーリング材を除去し、タイリング、再シール、または単に研磨するための表面を準備する。機械は、古い塗料、粗いコンクリート表面、および汚れたコンクリート表面も取り除くことができます。

コンクリートグラインダーを賃貸、借り、または購入する。本機を使用する前に、特に初めての場合は、本書をよくお読みください。マシンが必要とするエネルギー量を決定する。研削パッドを装置から取り外す方法も知っておいてください。マシンを使用してコンクリートの層を均等に研削する方法を決定します。操作方法を理解していないと、マシンの電源を入れないでください。

ステップ1 – 準備

地下階のすべてのオブジェクトをクリアします。汚れを取り除き、床をきれいに拭きます。そうすることにより、研削作業中に研削パッドが干渉しないようにする。

ステップ2 – コンクリート表面を取り除く

装置はダスト真空に接続されていますが、まだ粉塵が浮遊する可能性があります。呼吸用保護具と目の保護具を着用し、すべての窓およびドアを開けて、作業エリア内の換気を良くする。

ステップ3 – 十分な換気を提供する

最初の研磨パスには粗い研磨パッドを使用します。パッドは通常40グリットですが、粗研削中に使用する正しいパッドを決定するためにマニュアルを読むことが最善です。光沢のあるしっかりした仕上がりを作るには、より細かい研磨パッドを使用してください。研削パッドをユニットに取り付けるには、レンチまたはハンマーが必要です。パッドの取り付け方法の詳細については、製造元の指示を確認してください。

ステップ4 – 研削パッドを準備する

粗い研磨パッドと真空ホースを装置の底部に取り付けます。開始点を決め、その場所にユニットを配置します。真空をオンにし、粉砕機を粉砕モードに切り替える。

ステップ5 – コンクリートの粗粉砕

最大回転速度まで回転するのを待ちます。それが起こるとき。それは一定のピッチを放出する。グラインダーの頭を床に下ろし、小さな円運動または左右にユニットを動かします。

ステップ6 – 粗いコンクリートを研磨する

常に直線で移動します。床面をつかむように軽い圧力をパッドに加えます。ラインの終わりに達すると、グラインダーのスイッチを切って次の行に移動します。シールされた層全体が除去されるまで、同じ手順に従ってください。

研削用に設計されたより微細なパッドに交換してください。フロアが均等に平滑になるまで、行ごとに全体の粉砕プロセスを行ってください。ユニットと真空をオフにします。残った残骸を取り除くために床を掃除してください。表面に凹凸がないか検査し、必要に応じて再研磨してください。