照明器具を取り付ける

自分で照明器具を設置するのは比較的簡単です。高い表面に器具を取り付ける必要がある場合は、ほとんどの人が簡単な電気処置、基本的な工具、椅子やはしごで作業を行うことができます。また、電気の基本的な安全対策について知っておく必要があります。

プロジェクトを開始する前に、感電を避けるために電流を最初にオフにすることが重要です。回路ブレーカをオフにするか、作業する領域に電力を供給するヒューズを取り外すことができます。

ステップ1 – 電源を切る

取り外す古い器具にガラスカバーが付いている場合は、まずそれを取り出し、電球を取り外します。

ステップ2 – フィクスチャーカバーを取り外す

既存の照明器具を電気ボックスから外します。それを電気箱に取り付けるのに使用される固定具には、1本以上のネジが必要です。新しい取り付け具と一致しない場合は、古い取り付けブラケットも取り外してください。

ステップ3 – ライト器具を取り外す

既存の治具がどのようにワイヤに接続されているか観察します。これはまた、新しいものをインストールする方法です。通常、接続には2つの方法があります。電線は照明器具の背面にあるネジに直接接続されている場合があります。電線が天井や壁の電装箱から出ている電線に接続されている場合があります。

ステップ4 – 既存の接続を切断する

古いフィクスチャを回路に接続するワイヤを外します。

ステップ5 – 新しいフィクスチャを接続する(直接接続)

電気ボックスからの電線を新しい電球と接続します。白、黒、緑の3色の線が必要です。白線は負のワイヤ、黒のワイヤは正のワイヤ、緑のワイヤはグランドワイヤです。裸の銅線を地面に使用することもできる。これらのワイヤを照明器具に直接接続するには、黄色のネジの周りに黒いワイヤを包み、白いワイヤを銀のネジに接続します。緑色のアース線は緑色のネジで接続する必要があります。

ステップ6 – 新しいフィクスチャを接続する(ワイヤ接続)

ステップ7 – 固定具を取り付ける

すでに電線が接続されているフィクスチャーの場合は、電線ボックスから出ている電線と接続してください。これにはカラーのワイヤーナットを使用してください。これらはプラスチック製で、フィクスチャパッケージに同梱してください。このタイプの接続を使用する場合は、黒色から黒色、白から白、緑色から緑色まで同じ色分けコードに従ってください。

新しい固定具を付属のネジで電気ボックスに取り付けます。重量のある固定具を使用している場合は、最初に取り付ける必要がある取り付けブラケットに取り付ける必要があります。

新しい電球をねじ込み、電源を入れます。

ステップ8 – 電源をオンにする